So-net無料ブログ作成
楚漢争雄 ブログトップ
前の10件 | -

久しぶりに [楚漢争雄]

DVDを見ました。
ずっと最遊記にはまってて、浮気してるので、w さすがにそろそろやばい、
何か見ないと、聞かないととなって見ています・・・。久しぶりに見たらやっぱり面白い。
各話ごとのあらすじの続きもブログにあげたいと思いつつ・・・。

ほんとずっと漫画読んだり、ネットで一般の方の書いた小説読んだり、
キャラソン(声優さんが歌ってる曲。他のアニメでも結構あるんですね。)CDばっかり聞いてて。
声優さん好きになったのも人生初めてかも。 ライブあったら行きたくなってるし・・・。東京でしかないんですよね。

拍手) 22日の方、ありがとうございます^^
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄11話 [楚漢争雄]

張良、韓信、蕭何が策について話し合い。

「後ろを向いて、~なら左手、~なら右手を挙げよう」、3人とも同じ意見になったのでははははと笑う場面が可愛かった^^

「大漢風」ほど張良と劉邦、張良と蕭何の場面は多くない。
大漢風は友人同士として二人で話し込む場面が良かった。

張良が韓信の事を、可愛がってる甥っ子wって感じで、気にかけて親しげに接してたのが何とも良かったし。

 (皆さん、雪は大丈夫でしょうか?)
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄10話 [楚漢争雄]

劉邦軍はせつに行き、項梁の下に入る。

早速三川群攻めに加わることになり、将軍としてしょうりまい、虞子期をつけてもらう(こんなのあり?w)。

更に、劉邦は項梁に「将軍はこれでよいのですが、まだ足りないものがあります」と。
劉邦、張良をちらっと見る。張良も劉邦を見返す。 w
(こういう細かい場面が好きです!)(そしてこの張良はクールなのです。この時も笑顔がないのがツボ)

劉「軍師が足りないので、張良先生を貸して頂きたい」と頼む。 
項梁「張良先生のご意向はどうか?」
張「項梁殿にお任せします」

ということで、劉邦はまんまと張良をゲットです^^w
てな場面もオリジナルなのですが、これがなかなか楽しいのでした。

更に、来る途中で飲んだくれて道端で寝ていた韓信も劉軍に入ることに。(ええ!?)
武侠ドラマ要素があるので、「戦ってみろ」と曹参と手合わせするが、全然強くないので
しょうかさんの下に入ることになりました。
軍師がやりたいとも希望してたが、張良がいるからと却下でした・・・。
しぶしぶ顔の韓信は今後は・・・^^

項羽は英布と手合わせしたり、鼎を持ち上げたり、虞姫との結婚を許してもらったりしました。
虞姫は留守番しています。

nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄9話 [楚漢争雄]

(今年もよろしくお願いします。 ずっとこのブログを読んで下さっている方、本当にありがとうございます。)
(遅れましたが、あの漫画が更新されています。)

(9話) 呂雉は劉邦に、張良を軍師として迎えるよう助言。

劉邦は、項軍にいるのに来てくれるはずない、自分を主として選ばないのではと乗り気でないが、呂雉に強く勧められて承諾。

史記の劉邦と張良の出会いって創作なのかもと初めて思ったよ。
あれって、なんかできすぎた話やしなあ。うう^^;

軍に戻った項羽は、項梁に虞姫との交際を遠まわしに反対されたり、更に遠まわしに自分の跡取りになるのだからと言われたり。
夜、月を見ながら項羽は張良に周公旦(たぶん;楚漢以外は無知ですいません;)などの話をする。
旦周辺の人間関係が、項羽・項梁の関係と似ているそうです。

他にも虞子期が項羽に矛を作ってあげたり、それを使って項羽と虞姫が戦ったりと、
楚軍側も楽しそうな様子が描かれるのがこの作品のいいところ。
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄8話 [楚漢争雄]

クリスマスですね。自宅で映画、京極夏彦先生、
逃げ恥漫画、ギター練習、あとはゆっくり寝クリで過ごします。

ちょっと最近元気なかったけど、昨日からゆっくりしてたら元気出てきたかも。
皆さんもお元気でお過ごしください。

8話)
劉邦たちが外で戦ってる間に、はい県に秦軍が攻めてきて、呂雉、よう歯らが捕らえられる。
よう歯は、怖いから、戦いに出ず、留守番してたのでした。
(「娘の子」というんですかね? 違う、検索したら「男の娘」でした;w このよう歯は話し方も外見も女性的な人物です。) 

すごい設定ですね・・・。劉邦が恨まれるような人物でないという観点(希望?)からこういう展開にしたのかな?

そして、はい県を取り返すために、夏侯嬰が単独で、項羽たちの所に援軍を頼みに行くのでした。
項羽と張良は、懐王に許しをえてから、はい県に向かいます。(この辺りも丁寧に描かれています)

再会した劉邦と項羽、張良。その後、色々な作戦が成功してはい県奪回。

周勃が二刀流で戦ってて、すごくカッコよかった! この時代にこんな戦い方があったかどうかはおいといて。武侠ドラマみたいな戦い方が、当時あったかどうかも、長年疑問のまま。
鴻門の剣舞も速すぎるのは、変な気がしてる。

その夜は祝宴になり、呂雉は張良と話す。
呂雉は初対面の張良の才能に惚れ込み、項軍でどんな仕事をしてるのか探りをいれる。張良は、たいした仕事はしていない、范増がいるから自分は必要ない云々伝える。

ここで張良が劉邦とではなく、呂雉と話すところがオリジナルで面白い。
確か、この後の回で、呂雉が劉邦に「張良を仲間に引き入れなさい」と助言するのでした。
史記の劉邦と張良の出会いは、創作だったかもとふと思ってしまいました。
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄7話 [楚漢争雄]

周文がかんこく関で章かんに負けた辺りです。

張良は最初項軍にいて(中国ドラマではよくあるなあ)、軍議でちょこちょこ助言も。
そして、はん増の助言で韓の復興を項梁に頼むことにする。

項羽は、虞姫(18)を迎えに村まで行く。求愛して軍に連れ帰るが項梁にたしなめられる。うう。
その村になんと懐王がいた!宋義も一緒に潜伏していたので、この方々も連れて帰る。

しょうりまい(若者)は、項羽達が虞姫宅での夜の宴会中に、項羽の馬を盗もうとして項荘、項羽と戦った後、仲間に入る^^w 

劉邦軍は陳勝を助けようと、城父に向かい、章かんの軍と戦うがやられそうになって・・・。(で、続く)

nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄6話 [楚漢争雄]

u=3493833132,743821637&fm=15&gp=0.jpg
↑左手前は劉邦。手をとってる 茶色っぽい着物が張良です。
(これは6話の画像ではないです。)

項軍が下邳城攻めをしたので、張良が再登場!わ~~い^^ 

城内で城壁の修理の仕事をやっていた張良。城壁から取り囲んだ軍を見て、項羽たちが攻めて来ていると分かった張良は、下邳城内の図面を灯につけて城外に飛ばす。

その後、攻略した城内で再会する項羽と張良。対等な親友同士で、最後の方にも二人で話す場面が出てくる。
これが後半のストーリーで、前半は劉邦のはい県攻略が描かれます。この辺りはさくさく進みます。呂雉たちも城内で協力して、すぐに攻略されました。

このドラマ、秦パートはかなり少なく、オリキャラも数人いるけどその場面も少ない。

あ!そういえば、韓信の彼女もいなかったような!w(珍しい) 女性陣のごたごたや恋愛パートもほぼない。
劉邦が奥さん増やすごたごたが、ちょっとだけ描かれてたっけ。項羽と虞姫の場面もちらちら短く出てくるだけ。

よって、劉邦たちや項羽たちのお話がたっぷり見れるのも嬉しいのです。
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄5話 [楚漢争雄]

項羽と龍且のカッコいい一騎打ちの後、龍且は項軍入り。力強い武将が入ったと皆で喜び合う。

その後、軍師が欲しいということで、有名な范増を訪ねていく、項羽、項荘、項梁。やっと会えた范増から色々な助言を山ほど教わる。(二手に分かれて武関から入ることまで! ええ!^^;)

范増は友の李左車と会ってる最中。李左車もご年配の方で、ラスト近くまでちょくちょく出番があるキーマンです。
項羽と龍且の戦いは矛を使ってた。そういえば、「大漢風」では素手での戦いが多かったっけ^^

後日、季布も駆けつけ、項軍に加わり、とうとう8千人の子弟と出発することに。

一方の劉邦は、臨月の呂雉とラブラブしてたが、急に咸陽に行くように命令されて出発。
出発後すぐに大雨で、進めなくなる(あれ?) そして、ある夜、べろべろに酔っ払ってた時に大蛇を斬り、意識のないまま反乱軍の頭領にされる。

同じ頃、呂雉は無事、劉盈君を出産。このドラマでは、この子が一人目?? 
それと、劉邦についていったのは、夏侯嬰だけのようです。このドラマ、ろわんは出ていない。嬰ちゃんが明るい雰囲気の若者で、劉邦の一番近くにいるお世話係で笑いの場面も担当^^
よく、はんかいが笑い担当の作品が多いけど、このはんかいは真面目な人です。
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄4話 [楚漢争雄]

呂家での宴会で劉邦が夫に決まる定番のお話と、新婚の様子が^^v
宴会では、元々呂雉が劉邦が夫になるのを望んでいたのが、他の作品との違いかな。

結婚後、二人で一緒にたらいに足を入れて、寄り添いながら洗ってる場面も可愛いかったです w

項羽と項荘の武術くらべはこの回です。カッコいい^^
その後の項羽と項梁の会話もカッコいい・・・。
ざっと2~3回ほど見ただけなので、間違えてたらすいません。

羽「早く会けいを奪わなければ」、梁「その後は?」、羽「その後は江東を」、
梁「その後は?」、羽「その後は中原を」、羽「その後は咸陽をとり、秦を滅ぼす」 
そこで、いきなり剣を抜いて、項羽の喉元につきつける項梁。

梁「わしはそなたには武はおよばぬ。だが今殺すことができる状況になったなぜだかわかるか?
これが時機を知るということだ。時機が来るまで待つのだ」

そして、陳勝呉広の乱がさくっと短時間で描かれ、項羽達は殷通を殺し、役所を奪う。
nice!(0)  コメント(0) 

楚漢争雄3話 [楚漢争雄]

項羽と虞姫は橋の上で戦うことに。この虞姫、武術ができ、後々も戦場に甲冑つけて出てます。
会けいに旅立つ項羽に、虞姫は赤い手作りのマントをプレゼント。二人は既にラブラブ。

同じ頃、劉邦も呂雉と再会を果たし、いい雰囲気^^ この二人の初対面は始皇帝暗殺の前でした。
劉邦の怖いもの3つは、酒がないこと、友が側にいないこと、女性がいないことやってw  

武侠要素があるドラマで、今後も一騎打ちとか、武術の練習で項羽と項荘が戦っている場面が出てきて盛り上がります。ドラマ「大漢風」も武侠場面があり、最初は変やと思ったけど、
今やないドラマは華やかさに欠ける気がするという・・・。

会けいでは項梁達が殷通軍に攻められるが、ちょうど帰ってきた項羽の活躍(強いで)で勝利する。殷通まだ生きてる。その頃、始皇帝が亡くなるが、項梁はまだ挙兵の時期ではないと言う・・・。

ツイッターからコピーして、少しだけ追記してます。やっとupできました。
もっとひまになるだろうと思ってたら、ちょっと忙しかったです。
帰ってきたら朝まで寝てしまうという嫌なパターンも続いた;  
久しぶりに持ち帰り仕事もありますが、がんばります。  皆さんもお元気でお過ごしください^^
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 楚漢争雄 ブログトップ