So-net無料ブログ作成
人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」 ブログトップ
前の10件 | -

人形劇26話(第1部最終回;;) [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

最近、時々夜に大漢風を見てます(飽きないなあ…^^;)
例によって1話を何回か見ながら、進んでいってます。 
もうすぐ韓信が漢中に着く辺り・・・。懐王そんなに虞ちゃんが好きか、諦めろの辺り。

★人形劇は26話で一旦終りでした。中国版は変なとこで切れてるのですが、
日本版はどうしたんだろう?^^
日本版DVDは出るのかな? 出たとしても、高いだろうなあ;うう^^
第2部はあるのかな?;; ↓









(あらすじ)
【劉邦と仲間たち、故郷での束の間の休息】
劉邦は咸陽への進撃を準備するため、一旦帰ることにする。
劉邦の部下が、劉邦の妻の妹を嫁にしたいと申し入れ、城内は準備で大騒ぎとなる。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201309270755.html
(BSジャパンさん)

★関中出発前の劉邦達のお話でした。

出発準備の為、一旦沛県に帰ってきたみんな・・・。
(ほう城から沛県は近いから(バスだと 笑)(馬とバス、何時間差なのかな^^)、
こういうことがあったのかな? 史記にもありましたか??

呂雉に足を洗ってもらい、「何だか今日は美しいな」「あら、私は元々醜くはないのよ」と
仲良さそうな?2人にわろた^^

その後、樊噲と呂須を結婚させることになり、賑やかな結婚式の場面に。
これまた楽しそうで、いい場面でした。
間に蕭何さんと奥さんが荷物の準備をしてる場面もあったな・・・。
「行くのをやめたら」という奥さんにちょっとほろりでした・・・;;

劉邦と呂雉が「将来皇帝になれば」みたいな話をしてるのが気になった。
中国の作品では、こういう場面がよくありますが、
劉邦達は初期の頃にこんなこと思ってたんかな?
(皇帝ではなく、王ぐらいなら思ってたのかな…)

ラストは出発直前に門の所で、
「秦軍が来たぞ!」「何~!」で、終わってました^^;
nice!(0)  コメント(0) 

人形劇25話 9/20放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

人形劇、今週金曜が最終回(26話)でした;;
第2部はあるのかな?ううむ。

25話は ↓










【先に咸陽に入ったものが関中王】
項梁の死後、楚の兵権は懐王と宋義のもとのなり、項羽を抑えつけた。
宋義は軍を二手に分けることを提案する。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201309200755.html
(BSジャパンさん)

おなじみのくだりですね^^
このお話では、項羽も劉邦も西進したかったのですが、
劉邦が、曹参を使って項伯に賄賂と策を。

項伯は、項羽に敵討ちをしないのは人でなしだと訴え、
項羽は北進することに・・・。

劉邦、張良がいなくてもやりますね~^^ 笑

西進できると決まり、劉邦軍のみんながわいわい喜んでいた場面も
良かったです。樊噲がはしゃいでて可愛かったし。

項伯と范増の仲が既に悪くて、すれ違う時に「フン!」と言い合ってたのにも
噴きました^^
nice!(0)  コメント(0) 

人形劇24話 9/13放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

24話は ↓












(あらすじ)【章邯、項梁を討つ】
秦の将軍章邯は黄金の甲をまとい進軍した。章邯は息子の章紫に
楚軍に対し夜襲をかけさせた。油断していた項梁は章紫の矢に射られて命を落とす。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201309130755.html
(BSジャパンさん)

章邯の息子さんが登場! 章邯はしぶくて、てきぱき命令する姿がカッコいいです。

項梁だけが狙い撃ちされたので、他の人たちは助かりました;;

項梁の護衛隊の一人、馬令童は、項梁の命令で宋義を助けにいってました。
よって生きて帰り、罰を受けることに。
斬首は免れて、馬の餌やり係(wei(4)馬)になったようです。

項羽も劉邦も大泣きでした;; この人形劇では、さすがに嘘泣きはないですね^^;

懐王は、自分で兵権を持とうとして、劉邦や張良を使おうとします。
おかげで張良を韓から呼び戻すことになりました。やった~! ←^^;

宋義達は、劉邦をべた褒めしており、
「とても温厚で、女性を近づけず、酒も飲まない(很厚道、不近女色、不愛酒?)」

↑ 間違いがいっぱいある気がしますね^^;

来週25話で、関中争いの命が下る話のようです^^
nice!(0)  コメント(0) 

人形劇23話 9/6放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

23話は↓















(あらすじ)
【秦の将軍章邯、反乱軍の鎮圧へ】
熊心は王位につき、懐王と称した。懐王は楚国で勢力のあった宋義父子の力を借り、
項梁らと対抗しようとした。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201309060755.html
(BSジャパンさん)

この頃の、宋義と項羽達の小さないさかいも描かれてて、丁寧です・・・。
短い時間だけど押さえる所は押さえて、話もどんどん進んでいく・・・。
宋義が斉王と会ってる場面もあった。田横もちゃんと出てくるし。

項羽・劉邦と秦の李由の戦いもありました。
場所はよう丘?(人形劇は三川? 分からなくて、項羽本紀調べたが合ってるかな;)

劉邦も戦い、危なくなって「賢弟~(項羽)!早く助けてくれ~!」と頼む場面もありました。
項羽ほどではないが、この劉邦も結構強いよな・・・^^

★項梁が項羽に、
「私はいついなくなるか分からないから」と、范増を亜父だと思うように勧める場面も。
悲しすぎる伏線だ・・・T_T
その為の宴会も開かれて、劉邦も項荘も范増を「亜父」と呼んで、
すごく楽しそうでした。いいなあ~^^

この作品も「大漢風」も、劉邦は楚軍の中枢にちゃっかりいるけど、
ほんとは、wowowの「楚漢伝奇」みたいに、扱いは悪かったのかな?^^;

nice!(0)  コメント(0) 

人形劇22話 8/30放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

↓ 人形劇22話は(第一部は26話までなので、あと少しか;;)














(あらすじ) 【項梁の軍師范増の策略】
項梁の軍師范増は、将来、劉邦が項梁に敵対する勢力になることを見抜き、
まず張良を劉邦から遠ざけるべきだと項梁に進言した。

項梁は劉邦に、張良は韓の旧臣であり、韓の国に戻すべきだと忠告した。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201308300755.html
(BSジャパンさん)

★范増の陰謀で、
張良はサクッと韓王探しに行ってしまうことに;;

しかも范増と張良は、黄石公の弟子だという設定が!
(「漢楚軍談」の設定?? 他のドラマでも見たことあるなあ…。
確か、宝塚の舞台、「虞美人」もか!)

張良は、「韓王成はたいした人物ではありません、適当にやって
早めに帰ってきます」云々言ってましたよ^^; ええんでしょうか・・・;

実は私は、張良はそこまで韓の国を再建したいわけではなかったのではと、思ってます。
(劉邦、張良主従が好きなのも一因ですが(無知&思い込みぃ)
だから、この場面は、ちょっと嬉しかったですv 

★劉邦がすい(項羽の馬)に乗って振り落とされたりのを、楚・漢両方で大笑いしたりと
相変わらず明るい雰囲気でいいです^^

★范増達が懐王を探しに行くと、ヤギみたいな羊を飼ってた 笑
そして、懐王は「王になりたくない、行きたくない」と逃げ回ってました。

その後、「王になったら面を上げよ」とかやるんだぞと、
見本を見せて、戸外で練習してる場面も面白かったです^^
nice!(0)  コメント(0) 

月曜から大漢風やってるT_T、人形劇21話 8/23放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

http://www.ch-ginga.jp/epg/?series_code=2112
CS305 チャンネル銀河さん(スカパー?? 私の知らない世界です^^;)で
26日月曜から、毎日2話ずつ放送してます!!

ツイッターで情報upして下さってました。感謝です^^v
私も日本版、また全話見たい~~T_T T_T 

★そして、人形劇21話は^^ ↓















(あらすじ)【項羽と劉邦、義兄弟の契り】
張良は劉邦に、彭城にいる項梁に会いに行くように勧める。
あくまで楚王になることを望む項梁に会い、劉邦は不満を持ったが、
張良に我慢するよう忠告される。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201308230755.html
(BSジャパンさん)

★↑ 私が見た中国版は、彭城でなく、薛でした^^; はて。

更に、会議の途中で戻ってきた項羽が
「襄陽を攻め終り、捕虜達は穴埋めにしてきました」と言ってた。ええ!!
「襄城以外でも穴埋めを?」と気になってます。単に脚本ミス? 
日本版の放送はどうでしたか?

史記全部把握しとらんからなあ;^^ 史記地名辞典が、やはり欲しい~;

★劉邦も楚王になりたかった? 新鮮な見方だ~^^

項梁が楚王になろうと思うという話をしてる横で、爆発しそうになった劉邦を
張良がそっとつついて止めてました。細かい演出が可愛い~^^v

★翌日、張良にまたつつかれて、項梁は楚王になればいいと、色々演説する劉邦。ぷぷぷ。

わはははと明るく話がまとまりかけた時に、范増初登場!!
「項梁~、楚王になってはいけない~~!!」と叫びながら、急にやってきました! 笑

項梁と范増2人だけで話し合うことになり、以下次回・・・^^

★あれ? 項・劉、義兄弟の場面もあったっけ?(すいません;)
(確か、今度いい日を選んで儀式をやろうと言ってたな)

★劉邦達だけでなく、楚のみんなもわはははと、明るくていいです。
項羽は少しおとなしく、クールな雰囲気かな。
nice!(0)  コメント(2) 

人形劇の日本語訳は竹内実先生が! [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308190662.html
(今週の20日に、朝日新聞に掲載)

7/30にお亡くなりになられた、中国文学、現代中国社会研究者の竹内先生 ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E5%AE%9F

全100話、手書きで翻訳原稿を描かれたそうです・・・。

上のネット新聞は途中から有料なので、また図書館で読んできます^^
nice!(0)  コメント(0) 

人形劇20話 8/16放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

20話は ↓












(あらすじ)
【張良の知恵、劉邦は項梁の臣下となる】
張良は薛城にいる項梁のもとに赴いた。項梁は最初、面会を拒否し、逆に項荘ら「八千の子弟」の威力を張良に見せつけた。
孫傑は張良を尊敬していたし、項伯も過去のいきさつから張良を指示した。張良は項梁のもと冷遇されている韓信と交わりを結ぶ。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201308160755.html
(BSジャパンさん)

★冒頭は楚軍のみんなが「張良と韓信、どっちがすごい?」などと
楽しげに話してて、ひょえ~!!^^;
韓信も既に認められてる(一部で?)んですね・・・。
初期は2人とも無名でいてくれ~~。

項荘が、張良が劉邦軍に入ったのを怒ってたりも。
これも無名なら、なかったはず^^;

★韓信はちょっとふてぶてしい雰囲気。(中国ドラマ・アニメでは珍しい・・・。史記に忠実?)
楚の皆が張良をべた褒めしてると、「容貌で人を判断するとは!」と怒ってました。

★孫傑(10代の少年。子供向け作品だから?)が兵を率いて豊に攻め入り、
よう歯達はつかまりました。劉邦はこの作品でもよう歯達を許しました。

よく許したなあ・・・。
本当はよう歯一派は、即逃亡して行方知れずになってたのでは?(史記に書いてある?)
劉邦は、長年あんなに恨んでたから、顔を見たら、
処刑してたんではないかと思うのですが、真実はいかに・・・^^;

(ちょうど、他のドラマの鴻門の会の回で曹無傷が処刑されてるのを見てて、気になった。)

☆劉邦は張良を「賢弟」と呼んでます^^ 当たり前のように年下設定か!! 笑;
劉邦と張良の夕焼けの場面、綺麗やったなあ・・・v

☆20話の中国タイトルは、 従善(shan4)如流:

善に従うこと、流れるがごとし。喜んで他人のよい意見を受け入れ、
またはよい行いを見習うこと。如流は水が高い所から低い所へ速やかに流れるようにの意。

へ~~! いい言葉ですね。 日常でも心がけねばいけないような・・・。 
nice!(0)  コメント(0) 

ガンダムカフェw、人形劇19話 8/9放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

画像 0210.JPG
画像 0200.JPG
秋葉原。やっと行けましたが、何と、近々大阪にもできるそうです!
思ってたより普通のカフェでした。「いらっしゃいませ」で敬礼して下さいました^^

★人形劇、日本版は全26話なので、もうすぐ一旦終りだ!;; 第2部はあるの?!
中国版は100話あります^^;

19話は↓












(あらすじ)
【張良、劉邦軍に合流】
項梁は楚王の一族ではなかったが、自ら楚王になることを願った。
軍事の天才、韓信は「八千の子弟」の一員として身を投じたが、
馬の飼育係に任じられただけだった。
劉邦は、項梁と楚王の地位を争うと決心する。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201308090755.html
(BSジャパンさん)

★張良と劉邦、やっと出会いました!
以前見たときの記憶が全くなかったが、張良が自分から劉邦達の陣営に来て、
さらっと仲間入りしてました^^;
あんなに探しまくってたのに、あっさりでした 笑

それから、ちゃんと厩将に任じられてた。数々のドラマ・映画でも初めてかも・・・。

★劉邦は相変わらずよっぱらって、わーわー騒いだり、酒が回って寝たり起きたり、
歌ったり踊ったりとやかましい 笑;
なのに、みんなに気遣われて大事にされている^^

★韓信は初登場で、さりげな~く楚軍に入ってました^^;
そして、項梁に(馬夫)に任じられていました。 項羽の護衛兵にはならないの?

★劉邦軍だけでなく、項羽・項梁軍もちょっととぼけた、
笑いのある、明るい雰囲気です。見ていてほのぼのします。
nice!(0)  コメント(0) 

人形劇18話 8/2放送 [人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」]

18話のあらすじ、感想 ↓

















(あらすじ)
【張良こそが両軍の要】(←^^)
咸陽の秦の宮廷では趙高が権力を握った。丞相李斯は災難を恐れ、
病気と称して実家に帰ることを申し出た。

劉邦と項梁は、それぞれ張良こそが自分たちに必要な人材と考え彼を探した。
張良は民衆が安定を望んでいるのを見て、天下統一の理想を固めた。

一旦は勝利をおさめた劉邦だったが、雍歯に再び裏切られ、豊邑の地を失い
逃げ場を求めていた。
http://www.bs-j.co.jp/program/detail/22711_201308020755.html
(BSジャパンさん)

★引き続き項伯、曹参が張良を探してるし、
劉邦は「張良、張良、張良、どこにいるんだ!」と叫んでるし(危)、
どこまで張良一押し作品やねん!! 笑笑

民も居場所を知らない張良は、湖の側で野宿中?!(近くに宿が??)
夜に戸外でろうそくをつけて本を読んでたら、近所でもすぐ噂になると思う;
しかし、ひたすらシリアスで男前な張良です・・・^^

★劉邦はショックのあまり、馬から滑り落ちてわーわー泣いたり、
叫んだり、すぐハグしたり、落ち着きのない、やかましいおっさん^^;

子供向け作品だから、もっと落ち着いた、カッコいい人でもいいのになあ。
子ども達に親しみを持ってもらえるような、お笑いキャラなんでしょうか?
(私も嫌いじゃないけど^^)

周りの皆は、そんな劉邦にすぐ駆け寄って慰め、温かく見守ってます。大事にされてます。
まさにほっとけない主という感じです・・・^^;

★紀信も登場。何と、劉邦に瓜二つ、双子みたいという設定!
今後を知ってるので、この設定はほろりです;;

★樊噲がおとぼけキャラで可愛いです^^
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 人形劇「項羽と劉邦はるかなる大地」 ブログトップ